遺伝子検査とは

遺伝子検査とは、一人ひとり異なる遺伝子(DNA)から、その人がもつ体質や病気のリスクを調べることで、病気の予防や対策、健康維持にお役立ていただける検査です。
遺伝子は、生まれてから一生変わることのない体の設計図。人間の体は、約22,000個もの遺伝情報からできており、親から子へ、子から孫へと受け継がれています。
私たちの体をつくっているのは、遺伝子が30%、普段の生活(食事や運動)が70%といわれています。
健康で若々しく過ごす為にも、検査で自分の「遺伝子型」を知り、病気にかからないよう自分に合った生活習慣の改善を行うことが重要であると言えます。

遺伝子検査とは、一人ひとり異なる遺伝子(DNA)から、その人がもつ体質や病気のリスクを調べることで、病気の予防や対策、健康維持にお役立ていただける検査です。
遺伝子検査を行うことで、一生涯変わらない「自分本来の体質」がわかり、それをもとに、あなただけに適した日々の具体的な食生活や運動方法が明らかになります。

遺伝子検査でわかること

  1. 1一生変わらない自分本来の体質
  2. 2もっとも効率的な食事内容や食事方法
  3. 3もっとも効果的な運動方法
  4. 4自分に必要な成分やサプリメント
  5. 5病気のリスクを持っているかどうか

こんな悩みのあるかたおススメです

自身の遺伝子が持つリスクや特徴を知り、それらとうまく付き合っていくことが、健康寿命を延ばす秘訣です。


ページ
トップへ